愛知県岡崎市で肩、腰、ひざの痛み治療ならひな接骨院

交通事故やスポーツのケガなどの辛い痛みの治療ならおまかせください。

ホーム ≫ 小児肘内障 ≫

小児肘内障


肘内障とは

 

肘内障とは、特に1歳~6歳の幼少時から小学校に入る前くらいの子供に多い

ひじ関節の亜脱臼のことを言います。

 


症状

 

手を動かそうとせず、手のひらを植えに向けられないのが特徴です。

腫れや変形は通常見られません。

family_iyagaru_boy_コピー


原因

 

乳幼児期の骨は、

成長する段階ではその形態はまだ十分ではなく、

骨をつなぎ止める靭帯もまだ弱い状態です。

この時期にひじの部分は、

子供が転びそうになって手を引っ張たり、

腕を体の下にして寝返りをしたときに自重によって引っ張られることでも

抜けやすくなっています。

 


治療

 

肘内障は接骨院で保険証を使って治療を受けることができます。

整復(もとの位置に戻す治療)をすれば、すぐに手を動かせるようになります。

当院は小児肘内障の場合、予約はなくても対応させていただきます。

ご連絡の上、来院ください。

ひな接骨院はじめての方へ

モバイルサイト

ひな接骨院スマホサイトQRコード

ひな接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
    が休診日です。

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
    が休診日です。