愛知県岡崎市で肩、腰、ひざの痛み治療ならひな接骨院

交通事故やスポーツのケガなどの辛い痛みの治療ならおまかせください。

ホーム ≫ 交通事故に遭われた方へ ≫

交通事故に遭われた方へ

交通事故にあったらどこに行くのが一番いいの?

交通事故
実はほとんどの方が、接骨院(整骨院)で交通事故の怪我やむち打ち症の治療を受けられることを知らない方が多いのが実情です。
ただし、むちうち、いわゆる頸椎捻挫(けいついねんざ)というのは、接骨院を営む柔道整復師の専門分野なのです。
だったら、「交通事故のむちうち治療なら病院や整形外科に行く必要ないんじゃないの?」と思われてしまう方もいるかもしれませんが、そういう訳でもありません。

以下に、分かり易くそれぞれの医療機関の役割、特徴をまとめましたので、ご参照ください。
  総合病院 整形外科などのクリニック 接骨院
検査・画像診断 ×
症状把握
投薬 ×
手技による施術(矯正等) × ×
電気治療(微弱電流、高周波、超音波など)
物理療法(牽引器、温熱器、マッサージ器など)
むち打ち治療(頸椎捻挫など) × ×
リハビリ
待ち時間 比較的長い 比較的少ない
診療時間の長さ × ×
保険手続きサポート
相談
× ×
上記の内容をまとめると、
交通事故治療の患者様には、接骨院は以下のような方にオススメします。
交通事故で負ったむちうち症を本気で治したい
保険会社とのやりとりも一緒にサポートしてほしい
ややこしい保険手続きのサポートもしてほしい
交通事故治療の専門家による治療を受けたい
夜遅くまでやっていて、仕事帰りに通院したい
そんなに待ち時間がない院がいい

ひな接骨院の交通事故によるむちうち専門治療とは?

ひな接骨院で行う交通事故治療は、手技特殊電気治療超音波療法鍼灸(はりきゅう)治療など、患者様お一人お一人の状態・症状に合わせたオーダーメイド治療をいたします。

当院では、自動車運転中に事故に遭われた方はもちろん、自転車や歩行中の事故、また事故加害者の方や自損・単独事故で怪我をされた方、同乗者の方など、あらゆる事故のケースに対応しています。
 患者様お一人お一人の状態や症状、治療の経過、事故当時の状況等に合わせた、オーダーメイドでの治療メニューを組み、現場への早期復帰・回復を目指します。

また交通事故後の保険会社とのやり取りや手続きも治療とともにサポート致しますので、もし事故に遭われてお困りの方はお気軽に当院へご相談ください。

※総合病院やクリニック、整形外科からの転院、また病院などと併行して通院していただくことも可能です。
※時折保険会社の方から「接骨院では治療が受けられない」と仰られる担当者もいるみたいですが、そんなことはありませんのでご安心ください。

交通事故直後〜症状固定までの専門家による時期ごとの治療内容

事故直後

事故被害に遭った時点では目立った外傷がなかったとしても、目立たない部分で身体に何らかの障害を引き起こしていることがよくあります。自分で勝手な判断はせず、必ず総合病院やクリニック、整形外科などレントゲンなどの検査や診察を受けていただき、骨折や脳に異常をきたしていないか診てもらいましょう。

※総合病院などの医療機関のレントゲン検査などで「異常なし」と診断を受けたとしても、少し経ってからむち打ち等で苦しんでおられる患者様もいらっしゃいます。

事故直後~数週間(急性期)

一般的に交通事故に遭ってからだいたい2~3日あたりで、むち打ち症(首の痛みや頭痛、めまい、体のだるさなど)の症状が出始めます。これは首に受けた強い衝撃のため、筋肉や靭帯などが炎症を起こしているのです。

いわゆる急性期では、評価と特殊電気治療など刺激の少ない電気治療を行い、自然治癒力を高めていきます。
 

事故数週間〜1,2ヶ月(回復期)

炎症がある程度治まりだしたら、今度は手技による施術で筋肉をほぐしながら併行して超音波療法も行い、血流促進を行っていきます。症状によってはハイボルテージ療法や鍼灸治療なども行っていきます。

事故後数か月~症状固定(安定期)

交通事故の治療のために安静な状態でいたことにより、筋力は思っている以上に弱体化しており、首・肩こりが強くなりやすくなっています。運動療法を行い、首の筋肉を少しずつ元の状態に戻していきます。

また、手技やハイボルテージ療法、超音波療法、鍼灸治療を継続して行い、健康で正常な状態へと導いていきます。

ひな接骨院の交通事故治療の特長


保険会社さんとのやりとりがよくわからない、また面倒だという方のサポートもいたします!ご安心ください!

妊娠中の患者様に対する治療というのは、一般の総合病院や整形外科、接骨院などではお腹の中の胎児の安全を最優先するので、投薬や湿布、電気治療等は行えません。そのため納得がいく治療を受けられず悩まれている患者様がいらっしゃるのが実情です。
当然そんな状態ではその症状は長期化してしまい、ただでさえ出産を控えるという不安な状況下の中で、精神的にも肉体的にも大きなストレスがかかり、良好な状態とは決して言えません。

当院では不幸にも妊婦で事故に遭った患者様でも、母体に負荷の少ない手技による施術、鍼灸治療などで治療を行い、早期改善を目指します。

当院は土・日・祝も夜6時まで最終受付を行っておりますので、緊急時でも対応できます!
また時間外でもお気軽にお電話ください。

被害者の方

0円


交通事故治療の過半数を占めるのは、相手方の自賠責保険(強制保険)の補償により治療費を賄って治療を行います。
その補償は人身事故による損害のみ対象となり、自分自身で加入する自動車保険(任意保険)とは違い、被害者に大きな過失があった場合でないと過失相殺されることはありません。

自賠責保険とは?

自賠責保険とは自動車損害賠償責任保険の略で、公共道路を走行する自動車や原付などに加入義務があります。
事故で被害に遭われた方が、不自由なく最低限の補償を受けられるよう、救済目的に政府が定める保険制度です。
被害者の保護が目的のため、もともとは保険契約者である加害者側が請求を行いますが、被害者側でも自賠責保険の請求が可能です。
保険金請求を被害者側が行う時は、損害賠償請求といいますが、同額が補償されます。

交通事故の補償内容

治療費 病院や整形外科、接骨院等での診察代、投薬費など治療に要する費用全般。
交通費 公共交通機関、駐車場、タクシー、ガソリン代など
休業損害費 5,700円~最大19,000円まで。(一日につき)※自賠責保険基準により定められる。

自損事故・加害者の方

事故
自分は加害者だという理由で、通院費用は実費で負担しなきゃいけない… 被害者の方の治療費や慰謝料などもあるし、少しの痛みだし、放っておいていいか…。
上記のような悩みを持っていらっしゃる方もいると思います。

実は皆さんが加入されている任意保険の、人身傷害補償搭乗者傷害保険などの契約をされていれば、窓口負担金0円でむちうちなどの怪我の治療をさせていただきます。

特に事故が原因でのむち打ち症等の怪我は放っておいても改善はしません。
なので急性期(事故2、3日以内)で適切な処置や対応をしておかないと、悪化したり、治りが遅くなったり、最悪の場合、後遺症として長期間引きずってしまうことにもなりかねません。
そうならないためにもお早めに当院へご相談ください。

任意保険って?

任意保険の役割としては、自賠責保険では足らない金額を補助するための保険です。

例を出すと、自分または相手方の車の修理する場合や公共物を壊してしまった場合、また自身の怪我や自賠責保険の制限を超えてしまう場合の額の補償などをしてくれます。
加入するしないはご本人の選択ですが、世間的には加入が一般的です。

ただ任意保険の種類はいくつかあり、その人にとって何が必要なのかをしっかり判断した上で、加入すべきです。

以下に交通事故の加害者や単独・自損事故を起こした方に特に関係する主な任意保険の種類をご説明します。

人身傷害補償

人身傷害補償保険とは、事故に遭った車に搭乗していた方が受けた傷害を補償する制度で、契約車の搭乗者が怪我をしたり障害を負ったり最悪のケース亡くなられた場合に、契約の保険金額限度内で損害金額の補償をしてもらえます。

これは通院日数等に関わらず、本人の過失分も含め、実際の休業補償や慰謝料、治療費用などすべてが補償内容となっています。
また自損事故を起こしてしまったケースでも補償されますし、仮に支払い能力がない相手方の場合でも補償されるというのが特長です。

搭乗者傷害保険(特約)

搭乗者傷害保険とは、運転手及びその他同乗者の方を補償する保険制度で、基本は人身傷害保険とほぼ同じで、契約車に乗車しているすべての方が、怪我をしたり、最悪の場合亡くなられた場合に過失に関わらず補償されます。

ポイントとしては、過失割合100%の事故、また単独事故でも補償が可能な点です。
また人身傷害補償と大きく異なる点としては、契約車とは関係のない車や歩いている最中に自動車事故に遭い怪我をした時でも補償が可能という点です。また加入者にとっての大きなメリットは、保険を使用しても等級が変動しないというところです。

詳しくは保険会社に確認していただくか、保険会社との契約内容をご確認ください。

交通事故治療でよくある質問

Q接骨院で交通事故の治療が受けられる?

A

はい。受けられます。接骨院はむちうち(頸椎捻挫)治療の専門家です。また検査などについては必要に応じて医療機関のご紹介を致しますので当院にお気軽にご相談ください。

Q 病院のレントゲン検査で異常なしと言われました。ただ数日経っても気分が悪いんですが…

A

それは、交通事故の衝撃によるむちうち症が原因であると考えられます。病院でのレントゲンなどではむちうち症は発見することはできません。頸椎の歪みや損傷を引き起こしているケースが多いですので、総合病院や整形外科などの医療機関で検査を受けたが、痛み止めや湿布しか処方してもらえなかった方は一度専門機関である当院にご相談ください。
Q 交通事故に遭って通院した時、お金が無料でした。費用は払わなくていいんですか?

A

はい。患者様の窓口での治療費負担は0円です。基本的には相手方(加害者)の自賠責保険を利用して治療が受けられます。
Q 病院に通院しているのですが、一向に症状が改善しません。

A

病院や整形外科に通院中の方でも、当院への転院、併行・同時通院も可能です。お気軽にご相談ください。ひな接骨院への通院をご希望の方は、保険会社にその旨をお伝えください。
Q 車を運転していて自損事故を起こしてしまいむちうちになりました。治療費は出ないですよね?

A

いいえ、治療費は補償されます。すべての場合ではありませんが、ご本人が加入されている任意保険(自動車保険)の契約内容をご確認ください。
内容によっては治療費負担なしで専門治療を受けて頂けます。お気軽にご相談ください。
ひな接骨院はじめての方へ

モバイルサイト

ひな接骨院スマホサイトQRコード

ひな接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
    が休診日です。

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
    が休診日です。